Event is FINISHED

【メ〜テレ×Shopify】 無料オンラインセミナー


 ~ローカル発!ものづくりを世界に届ける冒険の書~

 「今話題のD2Cとは?」&「その場でできるShopify入門」
  #メーテレ

Description
※Peatixからの参加申し込みをもって個人情報の取り扱い・利用目的および参加規約に同意したものとさせていただきます。
画面を下にスクロールし、「個人情報の取り扱い・利用目的および参加規約」を必ずご確認いただきますようお願いいたします。
※参加人数は300名程度を想定しております。(変更になる可能性がございます)
※Peatixからお申込みいただいた方に、セミナー視聴URLをお送りいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=zCszUgH00Ac

<はじめに>

未曾有のコロナ危機により、多くの企業が、大変苦しい状況に置かれています。
番組を通して、これまで多くの地元企業と接し、地元経済に寄り添ってきたローカル局だからこそ、我々ができることは何か?を考えてきました。

そんな中、世界175か国100万以上の店舗が活用している
ショッピングサイトプラットフォームを提供する「Shopify(ショッピファイ)」社が
東海地方のものづくり企業に着目していることを知りました。

この地域には世界で通用する優れたものづくりがたくさんある。
自社のショッピングサイトを作り、より多くの人に商品を届ける手段をもつことが
先の見えないこの時代を乗り切るためにきっと役に立つのではないか?

そう考え、そのノウハウをオンラインセミナーという形で届けようとこの企画が立ち上がりました。withコロナを生き抜くための、ヒントとなるような情報を分かりやすくお届けできればと思います。


<パネラー>※敬称略



Shopify Japan株式会社
マーケティング・マネージャー 林浩一郎


Shopify Japan株式会社
GURU チームリード
上田章裕


株式会社Makuake 取締役/共同創業者 木内文昭
応援購入プラットフォーム「Makuake」を2013年に共同創業し、2019年12月東証マザーズ上場。
主にメーカーとともに新製品及び新規事業創出のための伴走、仕組み作り等を推進する
MakuakeIncubationStudio(MIS)事業責任者。


梨衣名(リイナ)
中国出身、元女性雑誌CanCam専属モデル。
大学でロボット工学を学んだ機械好きという側面も持ち
ものづくり系の雑誌・WEBメディア・テレビ番組でも活躍する女優・タレント。
2017年「東海エリアの伝統工芸をハックする」をテーマに開催されたハッカソン
「メイキンクエスト」に出演し、東海エリアのメイカーとの接点を持つ。
中国から見た日本のものづくりという視点から、D2Cを語る。
参考:「メイキンクエスト」


<ゲスト:ネットショップを運営する東海地方の企業>


Mitsuboshi1887 代表 岩田真吾氏
<「MITSUBOSHI 1887 (ミツボシ 1887)」岐阜県羽島市>
明治20年に一人のワーキングマザーが始めた艶付けを祖業とし、今日まで愚直に素材と向き合ってきたCRAFTED BRAND。
触れた瞬間笑顔になるシルクストールや23時間を快適にするメリノTシャツなどを通して、「使い手と作り手が繋がる人と素材の素敵な関係」を紡ぐ。


かたくち屋 代表 大屋みえ氏
<「かたくち屋」愛知県名古屋市>
盛り鉢、酒器、花器など使い方様々に、佇まいの美しい片口(かたくち)を中心に手仕事のうつわと出会えるお店。
ピッチャーなど口のあるうつわ、 ぐいのみ、マグ、ミルクパン、すり鉢、お盆、一輪挿しなど店主が美しいと思ったうつわも多数取り揃えている。

※出演者は予告なく変更となる可能性がございます。


<プログラム>

18:30~ 「with コロナ、「D2C」という冒険の始め方」(トークセッション)
       ・今話題の「D2C」って何?(これまでのECとどう違うの?)
       ・東海エリアの企業が語る「Shopifyを選んだ理由」とは? 
       ・withコロナの環境下で、D2Cを始めるためのポイントは?     
       ・ネットショップで支持される「ものづくり」の共通点は?
       ・中国の実家で聞いてみた「今人気のメイドインジャパン」とは?by梨衣名

19:15~ 実際にshopifyを体験してみよう!新たな冒険が始まります
       ・梨衣名さんと一緒にネットショップ開設体験!
       ・質問に答えていくだけで初期設定が完了!
       ・デザイナーがいなくてもおしゃれにできる!100種類以上の豊富なテンプレートを使い放題!
       
20:00~ 質疑応答

20:10~ メ~テレからのお知らせ

20:15 閉会

※内容は予告なく変更となる可能性がございます。ご了承ください。

主催 

メ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)

協賛

Shopify Japan株式会社

協力

名古屋テレビ事業

<お問い合わせ>

名古屋テレビ放送株式会社東京支社営業部
企画戦略チーム 伊藤理
03-3571-7183
oito@nbn.co.jp


①「個人情報の取り扱い・利用目的」・②「参加規約」


当イベントへの参加申し込みをもって以下の「個人情報の取り扱い・利用目的」および「参加規約」に
同意したものとさせていただきます。必ずご確認の上お申し込みください。

①「個人情報の取り扱い・利用目的」

イベント・セミナー開催における個人情報の取り扱い・利用目的について
名古屋テレビ放送株式会社(以下「当社」といいます)は、当社が運営するセミナー・イベント等(以下「セミナー」といいます)に参加を申し込まれた方(以下「参加申込者」といいます)のプライバシーを尊重し、参加申込者の個人情報の管理に細心の注意を払い、これを適正に取り扱います。
1. 弊社の個人情報の取り扱い
当社おける個人情報の取り扱いは« 個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に基づいて行われます。
2. 個人情報の利用目的について
当社が運営するセミナーを通じて取得した参加申込者の個人情報は、以下の目的に利用いたします。
①セミナーに関する参加登録
②参加登録された情報に関する確認、連絡、問い合わせ、回答
③問い合わせ、資料請求に関する対応
④今後当社の主催するセミナーなどの情報、当社が提供する広告商品・サービスの情報、マーケティング活動に関する情報の連絡
⑤アンケート調査のお願い、連絡、回答
⑥その他一般事務の連絡、問い合わせ、回答
3. 個人情報の第三者への提供について
当社は、適切なサービスや目的の達成のため合理的かつ適正な範囲内において、
セミナー活動を通じて取得した個人情報を協賛・協力企業に提供する場合があります。
 提供する項目:氏名、役職、団体法人名、部署名、連絡先(ご住所、電話/FAX番号、電子メールアドレスを含む)、事前事後のアンケート結果
 提供目的:商品、サービスの情報またはマーケティング活動に関する情報の連絡
なお提供する項目は目的達成に必要な最低限とし、提供手段は当社の定めた安全な手段といたします。
4. 個人情報の取り扱いの委託について
当社は、利用目的達成に必要な範囲内において、ご提供いただいた個人情報の全部または一部を第三者へ委託する場合があります。
5. 個人情報に関する問合せ窓口ついて
セミナーにおける個人情報に関する問合せについては、以下までご連絡ください。
名古屋テレビ放送東京支社営業部 セミナー個人情報問合せ窓口
電話:03-3571-7183(受付時間:平日10:00~18:00 ※土・日・祝日は受け付けておりません。)
メール:oito@nbn.co.jp

②「参加規約」

第1条(定義)
本契約において使用する用語の意義は、次の各号に定めるとおりとします。
(1)「本契約」とは、本セミナーに関する当社と契約者との間の契約をいいます。
(2)「本規約」とは、本セミナーに関する参加規約をいいます。
(3)「当社」とは、名古屋テレビ放送株式会社をいいます。
(4)「契約者」とは、当社との間で本契約を締結してセミナーに参加する者をいいます。
(5)「本セミナー」とは、以下(10)に定める本仕様により当社が開催または配信するセミナーをいいます。
(6)「講師」とは、本セミナーの講師をいいます。
(7)「Zoom」とは、ZOOM VIDEO COMMUNICATIONS, INC.及び同社の提供するオンライン配信システムをいいます。
(8)「Zoomサービス規約」とは、Zoomの使用条件を定めたZoom所定の規約(https://zoom.us/jp-jp/terms.html)をいいます。
(9)「発言」とは、契約者が本セミナーを受講中にZoomを通じて行った音声又はテキストでの発言をいいます。
(10)「本仕様」とは、Zoom上のユーザーインターフェース、機能、利用方法、対応端末、対応ブラウザ、対応時間、その他の要素に係る当社所定の仕様をいいます。
(11)「知的財産権等」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、不正競争防止法上の権利、その他一切の財産的若しくは人格的権利をいいます。
第2条(適用範囲)
本契約は、本契約において当社と契約者とに適用されます。
第3条(申込)
1 契約者は、Zoomサービス規約及び本規約の全ての内容に同意した上で、当社所定の方法により、本サービスの利用の申込みを行うものとします。
2 契約者は、申込み時に登録する情報が全て正確であることを保証します。当該登録する情報が不正確であることにより契約者に生じる損害について、当社は一切の責任を負いません。
3 当社は、当社所定の基準により、契約者の申込みの可否を判断し、これを認める場合には、契約者に対し、その旨を当社所定の方法で通知します。当社が当該通知をすることにより、本契約が成立します。
4 当社は、契約者が以下のいずれかに該当する場合はその申込みを認めないことがあります。なお、当社は、上記判断に関する理由を開示する義務は負いません。
(1)当社所定の方法によらずに本サービスの利用の申込を行った場合
(2)登録する情報の全部又は一部につき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(3)本規約に違反するおそれがある場合
(4)過去に本規約に違反した者又はその関係者である場合
(5)当社が本サービス以外で提供するサービスに関して、過去に当社と紛争が生じた者又はその関係者である場合
(6)その他当社が申込を妥当でないと判断した場合
5 契約者は、第2項で登録した情報に変更が生じた場合は、直ちに当社所定の方法により、その変更の手続きを行うものとします。これを怠ったことによって契約者が損害を被ったとしても、当社は一切責任を負わないものとします。
第4条(本サービス)
1 本サービスは、契約者がオンラインで配信される本セミナーを受講することを概要とするもので、ZOOM VIDEO COMMUNICATIONS, INC.の提供するオンライン配信システムZoomを利用して提供されます。本仕様の詳細は、当社が別途定めるものとします。
2 当社は、本サービスの内容の追加、削除等の変更を、適宜に行うことがあり、契約者は、これを承諾します。
3 契約者は、本サービスに関して、あくまでも当社および講師の保有するノウハウを学ぶ場を提供するものであることを理解します。当社および講師は、善良なる管理者の注意義務に従って本サービスを実施する限りの責任を負うものとし、契約者は、本サービスで学んだ当社および講師のノウハウを参考に、自己の責任の下で問題解決に取り組むものとします。また、契約者における上記取り組みの結果について、当社は何ら責任を負わないものとします。
第5条(再委託)
1 当社は、当社の責任において、本サービスの実施の一部を第三者に再委託することができます。
2 当社は、再委託先に対して、本契約に基づく自己の義務と同内容の義務を負わせるものとし、再委託先の行為に関して、自ら本サービスを実施した場合と同様の責任を負うものとします。
第6条(禁止行為)
契約者は、以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断する行為をしてはならないものとします。
(1)本セミナーを不正の目的をもって利用する行為
(2)本セミナーを全部又は一部を問わず第三者に提供する行為
(3)本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為
(4)本サービスの運営・維持を妨げる行為
(5)本サービスの信用を毀損する行為
(6)Zoomサービス規約に違反する行為
(7)他の契約者又は第三者になりすます行為
(8)当社が予定していない態様にて本サービス内で宣伝、広告、勧誘又は営業をする行為
(9)犯罪に関連する行為
(10)公序良俗に反する行為
(11)当社、他の契約者、又は第三者の知的財産権等、プライバシー権、名誉権、信用、肖像権、その他一切の権利又は利益を侵害する行為
(12)前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為
(13)その他、当社が不適切と判断する行為
第7条(知的財産権等)
1 本セミナーを含む本サービスの知的財産権等は、全て当社、講師又はZoomに帰属します。本契約の締結は、本サービスに関する当社、講師又はZoomの知的財産権等に関し、オンラインで配信される本セミナーを受講する範囲を超えて、契約者に対して、いかなる権利も許諾するものではありません。
2 契約者が行った発言に係る知的財産権等(著作権法第27条及び第28条に定める権利も含みます。)は、契約者が発言を行った時点で全て当社に譲渡されます。また、契約者は当該発言に係る著作者人格権を当社、当社のグループ会社及び当社が指定する第三者に対して行使しないことを同意します。
第8条(非保証)
当社は、次の各号につき、いかなる保証も行うものではありません。さらに、契約者が当社から直接又は間接に、本サービスに関する情報を得た場合であっても、当社は、契約者に対し、本契約において規定されている内容を超えて、いかなる保証も行うものではありません。
(1)本セミナーで得られる情報が最新で正確かつ過不足なく完全であること
(2)本セミナーで得られる情報が契約者の特定の目的に適合し、有用であること
(3)本セミナーで得られる情報が契約者に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合すること
第9条(中断等)
1 当社は、次の各号に定める事由が生じた場合、一切責任を負うことなく、当社が必要と判断する期間、本サービスを変更(講師の変更や本セミナーの開始・終了・所要時間の変更を含み、かつこれに限りません。)、中断、制限又は終了する措置を講じることができるものとし、これによって契約者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
(1)契約者が、第6条(禁止行為)に定める禁止行為を行った場合
(2)前号の他、契約者が、本規約のいずれかの条項に違反した場合
(3)当社の事業上の理由、本仕様の変更、システムの過負荷・不具合・メンテナンス、法令の制定改廃、天災地変、停電、通信障害、不正アクセス、Zoomの仕様変更・不具合・停止等により、本サービスを変更、中断、制限又は終了する必要がある場合
2 当社は、前項の変更、中断、終了にあたっては、事前に予告するよう務めます。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りでありません。
第10条(不可抗力)
当社は、システムの過負荷・不具合・メンテナンス、法令の制定改廃、天災地変、停電、通信障害、不正アクセス、Zoomの仕様変更・不具合・停止等、当社の責によらない不可抗力に基づく事由により契約者に生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
第11条(個人情報の取扱い)
当社は、契約者の個人情報について、当社所定の個人情報保護方針および本セミナーの「個人情報の取り扱い・利用目的」に基づき取り扱うものとします。
第12条(反社会的勢力の排除)
1 契約者は、当社に対し、自己が、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下併せて「反社会的勢力」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを保証します。
(1)反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己又は第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
(4)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること
2 契約者は、当社に対し、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを保証します。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為
3 当社は、契約者が反社会的勢力若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定に基づく表明・保証に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、何らの催告なくして、契約者の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は、直ちに本契約を解除することができます。
第13条(紛争処理及び損害賠償)
1 契約者は、故意又は過失により本契約に違反し、当社に損害を与えた場合、これを賠償するものとします。
2 契約者が、本セミナーに関連して第三者との間で紛争が生じた場合、契約者の費用と責任において、当該紛争を処理するものとします。[松浦 巳敏1]
3 当社が契約者に対して損害賠償義務を負う場合(法律の適用による場合等)、賠償すべき損害の範囲は、契約者に現実に発生した通常の損害に限る(逸失利益を含む特別の損害は含まない。)ものとし、賠償すべき損害の額は、本契約の解除又は解約の有無を問わず、賠償請求の直接の原因となった個別の本セミナーに関する代金相当額を限度とします。なお、本条は、債務不履行、瑕疵担保責任、原状回復義務、不当利得、不法行為その他請求原因を問わず、全ての損害賠償等に適用されるものとします。
第14条(契約期間)
本契約の期間は、本セミナー申し込み日から始まり、当社による契約期限の終了の通知をもって終了とします。また、当社の定める個人情報保護方針に定める手続きにより、いつでも個人情報の本人または代理人が、保有個人データについて利用目的の通知、情報内容の開示、訂正・追加・削除、情報の利用停止・消去の請求を行うことができます。https://www.nagoyatv.com/info/privacy/
第15条(期限の利益喪失・解除)
1 契約者が本契約に違反し、当社が相当期間を定めて催告したにも拘わらず是正されない場合には、契約者の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は、直ちに本契約を解除することができます。
2 契約者が次の各号の一に該当した場合には、何らの催告なくして、契約者の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は、直ちに本契約を解除することができます。
(1)当社に対する重大な背信行為があった場合
(2)第6条(禁止行為)に違反した場合
(3)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
第16条(解約)
契約者は、本契約成立後といえども、いつでも本契約を解約することができます。
第17条(連絡)
1 当社から契約者への連絡は、書面の送付、電子メール若しくはチャットの送信、又は当社サイトへの掲載等、当社が適当と判断する手段によって行うものとします。当該連絡が、電子メール若しくはチャットの送信又は当社サイトへの掲載によって行われる場合は、インターネット上に送信された時点で契約者に到達したものとします。
2 契約者から当社への連絡は、当社所定の問合せ窓口宛に行うものとします。当社は、当社所定の問合せ窓口以外からの問い合わせについては、対応を行う義務は負いません。
第18条(完全合意)
本規約は、本契約に関連する当社及び契約者の完全なる合意を構成し、本契約の締結以前に当社及び契約者間でなされた本契約に関連するいかなる口頭又は書面による合意も、全て本規約に取って代わられます。
第19条(管轄)
本セミナーに関連して契約者と当社の間で紛争が生じた場合、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第20条(規約の変更)
1 当社は、以下のいずれかの場合に、本規約をいつでも任意に変更することができます。
(1)本規約の変更が、契約者の一般の利益に適合するとき
(2)本規約の変更が、本契約を締結した目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
2 当社は、前項による本規約の変更にあたり、本規約の変更の効力発生日の1日前までに、変更する規定の内容及び変更の効力発生日を、当社サイトに掲載、又は契約者が申込時に登録する情報に登録されている宛先に対して通知を送信することにより、これを周知します。
3 契約者が本規約の変更を同意しない場合、第16条(解約)の定めに従い、本契約を解約するものとします。契約者が、変更の効力発生日までに本契約を解約しない場合、本規約の変更に同意したものとみなします。

以上

2020年6月11日 制定
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#627900 2020-06-17 13:13:34
More updates
Fri Jun 26, 2020
6:30 PM - 8:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【無料】 参加申し込み FULL
Organizer
メ~テレ オンラインセミナー
173 Followers

[PR] Recommended information